糖質制限Q&A

今回は糖質制限ダイエットを指導する際にお客様からよく頂く質問をQ&A形式でお答えしていきます。

糖質が肥満の元凶なのか?

確かに糖質を大量に食べた際などに
膵臓から分泌されるインスリンなど、
糖質の過剰摂取が肥満の問題となる事も多いのですが
脂質の食べ過ぎで肥満となるパターンもあります。
脂質は1g当たりのカロリーが糖質やたんぱく質の2倍以上ありますので注意が必要です。
またカロリーがマイナスの状態になっていれば
糖質を食べて痩せる事は充分可能です。

摂取カロリー<消費カロリー

ダイエットの経験がある方からすれば当たり前の話なんですが、
肥満対策にはこの法則を抑えておくと良いでしょう。

糖質カットスイーツはどうなの?

糖質制限がブームになり糖質をカットしたスイーツなどが
日本だけでなくタイでも販売されるようになりました。

https://asiaherb.asia/fitness/wp-content/uploads/2021/10/Mr.Ono-profile.jpg
大野

タイにも糖質制限カフェなんてのもあるぞ!


そういった商品は

糖質が少ない事が特徴ではありますが

  • 脂質が高い
  • カロリーが高い

という事も多いので
糖質制限をされている方であれば、
まだ食べても問題がない事もありますが、
そういったダイエットを行っていない方は注意が必要です。

https://asiaherb.asia/fitness/wp-content/uploads/2021/10/Mr.Ono-profile.jpg
大野

商品の中には糖質自体もそんなに低くないものもあったりしますので、よくチェックするかトレーナーに質問してみましょう。

脳の栄養素は糖質だけ?

これは間違いです。
ここまで糖質制限が広まってきたので既にご存じの方も増えてきたと思いますが、

脳はケトン体という物質をエネルギーとして利用できます。

https://asiaherb.asia/fitness/wp-content/uploads/2021/10/Mr.Ono-profile.jpg
大野

ちなみに人体では赤血球と肝臓以外はケトン体をエネルギーとして利用できるぞ


これは何故かというと運動生理学や栄養学の教科書にそう書かれている事が多いからだと思います。

つい最近も日本の某体育大学の授業にも採用されている運動生理学の最新テキストを購入し読んでみた所、脳の栄養は糖質だけと書かれていました。

https://asiaherb.asia/fitness/wp-content/uploads/2021/10/Mr.Ono-profile.jpg
大野

2022年に販売されたテキストなので、この辺りは修正するかコラムの1つでも書いて解説しておいた方が良い気もしますが…

脳は糖質だけでなくケトン体という物質をエネルギーとして使う事が出来ますので
糖質制限だからといって脳にも栄養がいかず頭がボーっとする事もありません。

これは個人的な意見でもありますが、
ダイエットの中では一番頭のパフォーマンスを維持しながら行えるダイエットだと思っています。

今回は以上となります。
タイにおいては、少しずづ会食を再開し始めた方も増えてきているようです。
自分のライフスタイルに合ったダイエットを行い、健康管理を行っていきましょう。

7~8月のお申込み限定でコンドミニアムへの出張指導も実施しております。

バンコク パーソナルトレーニング 出張

トレーニング料金

パーソナルトレーニング
入会金 10,000THB
回数 16回
時間 85分/回
料金 56,000THB
1回当たり 3,500THB
ご延長・オプション
ご延長 8回x85分 28,000THB
LINE食事指導(30日間) 4,000THB
料金に含まれるもの

・ パーソナルトレーニング費
・ 施設利用料
・ 運動用ウェア
・ タオル
・ ドリンク
・ 運動後のプロテイン

料金に含まれないもの

・ トレーニングシューズ

  • 初回は16回コースをご選択いただいております。
  • 週2回、2ヶ月が基本となりますが、週1回4ヶ月のご対応も可能ですので初回無料カウンセリング時にお知らせください。
  • ご希望のお客様には30日間、毎日のお食事をLINEでご報告いただくオプションもご用意しております。

トレーニングジム

アジアハーブパーソナルトレーニングはBTSプロンポン駅 EXIT4より徒歩6分。スクンビット・ソイ24にございます。

パーソナルトレーニング看板

トレーニングジム詳細

当ジムのGoogle Map

あき 大野

あき 大野

タイで活動中のパーソナルトレーナー。 キャリア18年。カラダ作りや健康において重要な要素である運動・食事・休養。30代はこの休養について学びを深める為に来泰。半年間、ランナー地方のタイ古式マッサージ学校にて住み込みでマッサージ修行を行う。現在はアジアハーブ・マスタートレーナーとしてお客様の健康作りを日々サポートしている。

  • 関連記事
  • おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP